FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心が動いたとき66

「心動かされたこと」

皆さんは物心着いた時には何をしていたでしょうか?

保育所や家で走り回って遊んでいたりしてたでしょうか?

しかし私は物心ついた頃には病院におり足には装具を着けてベッドの上での生活をしていたのです。
理由としては病気のためでした
その病気に有効な薬がなく装具で足を固定し成長によって治すしか方法がありませんでした

幼少時期自分の周りで普通に歩いていたのは親御さんや先生達だけでした

だから自然と大人は普通に歩けて子どもは歩けないという考えをもっといました


だからこそリハビリの末自分の力で立てるようになった時の感動は今でも忘れられないほどです

始めは立とうとしても足が3年もの間立つということをしていなかったため足に力が入らず転んでいました
その姿は生まれたばかりの馬と大差ありませんでした

しかしリハビリを思いだしながら足に力を込め震えながらも体を支えて行きました
そしてついに自分の力で立つことができたのです

自分の視界が一気に高くなったのは勿論自分の足で体を支えている感覚がとても心地良かった

この体験を通して自分にとっての当たり前とは覆せるものもっと素晴らしいものにできることだということを学びました


こども未来科facebookはこちら 

 にほんブログ村 専門生日記ブログへ blogram投票ボタン
お・ま・け
ほいく村 ← クリックすると村が発展します。

comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2019/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
   
検索フォーム
   
RSSリンクの表示
   
QRコード
QRコード
   
にほんブログ村 専門生日記ブログへ blogram投票ボタン 現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。