FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどもと自己肯定感

自己肯定感とは、自分の存在を肯定する感覚です。

自分はここに存在していい。
周りは自分の存在を喜んでいる。

簡単にいうと「自分が好きだ」ってことですね。
(ナルシストとは全く違います。)

自分が好きであれば、前向きに生きようとします。
人の言ったことに対しても「なるほど!」と素直に受けとめられます。
これが学ぼうとする姿勢につながります。

自己肯定感 の土台となるのは、安心して生きられる環境です。
特に、こどもの頃、自分と関わってくれる人たちから愛されることによって育まれます。
ビクビクせずに自分を表現できる【居場所】が家庭にも園にもあることが大切です。

大人の顔色をうかがい、ビクビクしていては自己肯定感は育ちません。
こどもと関わるときに、欠点を指摘するのではなく、プラスの面を見る「加点法」に発想の転換する必要があります。
難しそうですが、挑戦してみましょう!

 にほんブログ村 専門生日記ブログへ blogram投票ボタン
お・ま・け
ほいく村 ← クリックすると村が発展します。

comment

管理者にだけ表示を許可する

12 | 2019/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
   
検索フォーム
   
RSSリンクの表示
   
QRコード
QRコード
   
にほんブログ村 専門生日記ブログへ blogram投票ボタン 現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。