FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心が動いたとき31

「心が動いた話・体験」

私が中学校でバレーボール部に所属していた頃、その練習はとても厳しいものでした。

体力をつけるための基礎練習、バレーボールの技術練習はもちろん、さらに礼節を重んじることも教えられました。
人を敬い尊ぶこと、挨拶の大切さなど、なぜこのようなことを部活で学ばなければならないのかと私は不満でしたが、ある日の顧問の言葉がこの私の考えを変えました。
人間は心技体全てが揃って初めて大成する。
出鱈目につけた体力と小手先の技術があったとしても、心が完成していなければそこには何も意味がない。
相手を敬い、自分を研鑽する気持ちを忘れるな。
さらにバレーボールはチームプレイだ。
仲間を敬う気持ちがどれだけ大切かはわかるだろう。
このような内容だったと思います。
私ははっとし、嫌いだった顧問に三年間ついていこうと決心をしました。
このときの教えは今でも忘れずに心の片隅にとどめています。

 にほんブログ村 専門生日記ブログへ blogram投票ボタン
お・ま・け
ほいく村 ← クリックすると村が発展します。

comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2019/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
   
検索フォーム
   
RSSリンクの表示
   
QRコード
QRコード
   
にほんブログ村 専門生日記ブログへ blogram投票ボタン 現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。