FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心が動いたとき23

「仲間」

私は中高6年間運動部に
所属していた。

中学の時はただ楽しく
何も考えずプレーしていた。
しかし高校に入るとプレーの質が
変わり考えて考えてプレーや
行動しなくてはならなくなった
今までとは勝手が違うので
三年間がむしゃらにプレーした。

何回も顧問に怒られ
何回もスタメンを外される事があり
何度も何度も辞めよう、
辞めたいと思った。
しかし引退するまで
続けることができた。
なぜだろうと今思うと仲間の
存在があったからだと思う。

自分は三年間がむしゃらに
プレーして最後の高校県総体の
三ヶ月前に大きな怪我をした。
大会も近づいてきて練習に
気合いが入り過ぎたのか
部員と接触プレーをしてしまい
靭帯損傷で全治五ヶ月と
診断され三ヶ月後にある大会は
出れないという結果になった。
ここまで練習してきたの...。
大会を前に正直
どうでもいいという気持ちで
いっぱいだった。

けどそんな時仲間に
『足治るの五ヶ月後でしょ?
県大会は出れないのか~
けどさうちら全国行くからさ
お前は今は休む時なんだよ。
県大会はうちらで余裕で
勝つからさ!!
けど全国でプレーする時には
お前の力なきゃダメなんだ
だから完璧に足治してさ
全国大会まで力溜めといてよ
全国大会まで連れて行くから
約束する!!
んで全国で暴れようぜ(笑)』
と言われたすごい嬉しかった。
いままでも顧問に怒られたり
試合でミスして落ち込んだり
などした時も立ち直れたのは
仲間がいたからだと思う。
自分にとって仲間は
すごい大きな存在だ

結局試合は負け全国大会には
出場することができなかった。
試合が終わった後仲間に
『約束守れなくてごめん
連れていけなくてごめん』
と言われた。
しかしこの三年間仲間と
共に目指して励ましあってきた
日々を考えると勝ち負けよりも
大切なものがあると思った。
『ありがとう』自分は
この気持ちでいっぱいだった

勝ち負けが全てと考える人も
いると思う。
しかし私はこの体験を通し
仲間の大切さを改めて感じた
出会えて良かった
心からそう思う。

仲間がいたから今の自分がいる
無くてはならない存在

言い過ぎかもしれないが
そのくらい大切な存在だ。
今はバラバラの道を歩んでいるが
またいつか一緒にプレーしたい(笑)

 にほんブログ村 専門生日記ブログへ blogram投票ボタン
お・ま・け
ほいく村 ← クリックすると村が発展します。

comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2019/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
   
検索フォーム
   
RSSリンクの表示
   
QRコード
QRコード
   
にほんブログ村 専門生日記ブログへ blogram投票ボタン 現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。