FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心が動いたとき21

「家族との約束」

私の家族はみんなの家族よりも仲がよかったと思います。
高校生のときの話ですが休みの日は家族とどこかにいくのが楽しみでした。

しかし父は病気になりました。癌です。


私は父に言われたとき泣きました。その何ヵ月か後に父は入院しました。

私は部活の顧問に許可をもらい部活をしばらく休んで学校が終わると毎日病院にお見舞いに行きました。
もちろん母は先に病院に来ていて一緒に帰っていました。


でも父は私の誕生日の二日前に亡くなりました。


私は人生ではじめて大号泣しました。

私は父に『母さんと仲良く暮らせ』と言われていました。
だから泣いたのはその日だけです。


今は母と暮らしています。父の話しは毎日しています。



「わたしの一生の財産」

「どうしてここにいるんだろうね」
「やめたいわぁ~」
こんな言葉を何度発しただろうか…。

私が所属するバスケ部は毎朝朝練をしていた。
高校1年生のとき部活があまりにもきついし朝練は早い時間からあるし自由な時間なんて少しもなくてバスケをしても朝練をしてもなにをしてもつまらなくて辞めたいとだけをずっと思っていた。

「普通にJKライフ楽しみたいよね~」
なんて会話もした。

今思い返すと自分が発した軽い言葉に腹が立つ。
あの頃は優勝したいとかなんとも思わずただなんとなく周りに流されながら毎日を過ごしていた。
なにも楽しくなんかなかった。
大好きなバスケをしてもただ辛いだけだった。
それは多分、いや絶対、ガムシャラぢゃなかったから。
必死ぢゃなかったから。
目標、夢がなかったから。
そのころの私の心は空っぽだった。

空っぽのまま1年が過ぎ2年生になった。
2年生のときもガムシャラぢゃなかった。
ただ3年生に負けたくなくて必死だった。
優勝のためではない。
そして自分たちの代になったとき私はガムシャラに必死に優勝を掴むために必死になった。
するとなんてことだろう。
すべてが楽しい。
バスケ中心となった私生活ももちろん部活も。
やればやりだけ自分の力になった。
よく顧問の先生は私たちに言った。
「お前らは身長も能力も技術もない。ぢゃあどこで勝つ?私生活しかないだろ!私生活すべてバスケ中心にまわせ。あいさつも掃除も。そうすれば技術ぢゃないとこで伸びていく」
高校生活で何度この言葉を言われたであろう。
そして必ず最後に言うのは「謙虚さを忘れるな」口癖のように何度も言われた。
私たちは朝練の前に学校を掃除し、冬は雪かきをし、秋は銀杏掃除、そしていろいろな行事の手伝いを進んでした。
日常のあいさつ、服装、身だしなみ、すべてをバスケのためにきちんとした。

「優勝できるならなんだってやってやる」

これが私たちの口癖。
違う道にそれそうになったり、服装がだらしなかったり、そんなことわお互い指摘しあってお互いがお互いを向上させた。
もちろん喧嘩もした。
何度もぶつかり合いした。
悩んだ。
悩んでもがいて苦しんだ。
その度に話し合いをしてそれをプラスにした。
プラスに変えた。
そうして私は1人の人間としても、チームとしても成長した。
毎日毎日、優勝を目標にみんな必死に取り組んだ。
先生の奴隷・ロボットにはなりたくなかったから、どうしたら勝てるか自分たちで考えた。
すべては優勝のために。
でもこの時すでに少し後悔していた。
なんで1年生のときから本気でやらなかったんだって。
自分を恨んだ。
大会当日はこんな後悔しないように、私たちを応援してくれる人たち、チームのみんなの重い思いをちゃんと背負って戦おうと決めた。
エースとしてのプライドでもあった。
大会当日、コートに入って感動した。
試合はまだ始まっていない。
負けても勝ってもいない。
でもいままでにないくらい感動した。
私たちの応援ベンチを見ると、たっくさんの人たちが応援にきてくれていた。
父母会。
野球部。
男バス。
バレー部。
音部。
クラスの友達。
書ききれないほど沢山。

私は幸せ者だと思った。
本当に本当に幸せだった。
だってあんな大応援団に囲まれ見守られながらバスケができたのだから。
あの感動は一生忘れない。
今こうして書いてる中でも思い出して涙がでるくらい。
野球部が、「俺らはお前らにいっぱい応援してもらった。お前らの応援のおかげで夏大がんばれた。だから俺らも必死に応援する」と言われた。
いろいれなことに耐え我慢し、バスケ中心に生活をしてきて、必死に部活に取り組んで、その努力を見ていてくれた人がこんなにいたんだ。と思うと嬉しくてたまらなかった。
大会の結果は優勝には遠かった。
だけど、結果よりも私は遥かに価値の高いものを得ることができた。
あの大応援団の中バスケができたこと同じ目標に向かって一緒に必死に努力してきた仲間、どんなときも支えてくれ毎回応援にきてくれた家族、みんなみーんな私の財産です!
宝です!
一生の宝物。
感謝感謝でいっぱい。
感謝しきれないほど感謝してます。


やりたいことがないから
ガムシャラになれないんぢゃなくて
ガムシャラにやらないから
やりたいことが見つからない。

その通りだと私はおもう。

 にほんブログ村 専門生日記ブログへ blogram投票ボタン
お・ま・け
ほいく村 ← クリックすると村が発展します。

comment

管理者にだけ表示を許可する

12 | 2019/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
   
検索フォーム
   
RSSリンクの表示
   
QRコード
QRコード
   
にほんブログ村 専門生日記ブログへ blogram投票ボタン 現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。